電験3種の勉強法の基本は過去問だと思っています。

過去問をできるだけ多く解きまくることが合格への近道です。


受験勉強もそうしてきましたし、これまで取得してきた資格試験もとにかく過去問でした。

 

 

一方、過去問の答えを見ても、解答が簡単に書かれていて理解できないことがあるのも事実。

サラッと書かれていて、分かった気になりますが、改めて解いてみると解くことができない。

 

そんな時は参考書は役立ちます。

過去問を理解するための参考書と位置付けています。


 

電気を本気で勉強したければ専門書や参考書は有効でしょう。
参考書から始めると時間がかかってしまいます。
特に電験3種は出題範囲が広いので、読むだけで1年間過ぎてしまいます。

目的は、電験3種に合格すること。


 

国家資格を取得することができれば、会社の中で重宝されるだけでなく、

転職活動にも有利に働きます。

 

参考書は、理論、電気、機械、法規のそれぞれ持っていました。

調べたいことがあればすぐに参考書で調べ、過去問の理解に役立てていました。

© 2018 電験3種 試験対策 rss